膣のゆるみを放っておくと危険~早めに治療しましょう~

女性

危険な病気

困る

膣は、妊娠をして赤ちゃんを生む時に、赤ちゃんが通る道のことです。膣は、女性にとってとても大事なものであり、膣によって生理になったり赤ちゃんを産んだりできるのです。しかし、赤ちゃんを産んだ後の膣はゆるみが生じてしまうものです。お腹の中から人1人が出てくるため、膣が広がってしまうためです。このゆるみは、自動的に治るものではありません。膣の緩みは放おっておくと、体に様々な影響が出てしまいます。また、40代の中高年の女性の中には、病気を引き起こしてしまう可能性もあるのです。そのため、病院などで治療を行なって治す必要があるのです。

膣のゆるみによる病気とは、「子宮脱」と呼ばれています。本来、骨盤にある筋肉は子宮を支えています。しかし、子宮を支える骨盤の筋肉が衰えることで、子宮が支えられずにどんどん下へと下がって行くのです。下がってしまった子宮はそのまま膣から出てきてしまいます。また、子宮以外にも、子宮の周りにある内臓も下がってしまうことがあります。そうならないためにも、早めに治療を行いましょう。

子宮脱は、発症しやすい人と発症しにくい人がおり、体質によってそれぞれ異なります。発症しやすい人の体質としては、赤ちゃんを産む時に時間がかかった人や赤ちゃんを生む回数が多かった人などが挙げられます。また、妊娠をしたことのない人でもこの病気は発症されます。これらは、膣のゆるみからくるものなので、放おっておかずに病院へ行くとよいです。

早めに対策しよう

悩み

デリケートゾーンは、汗をかきやすいところです。汗は雑菌と混ざることで嫌な臭いを発生させます。そのため、デリケートゾーンの臭いを気にする女性は多いのです。早めに対策をしておくことで、臭いを防ぐことができます。

View Detail

肌に優しい

女性

お風呂で体を洗う時は、石鹸を使用します。しかし、通常の石鹸はデリケートゾーンにとって洗浄力が強いため刺激を受けてしまうこともあるのです。現在では、デリケートゾーン用の石鹸が販売されています。

View Detail

病院で治療しよう

頭を抱える

小陰唇肥大の大きさや黒ずみは人に言えない悩みの1つです。そのため、多くの女性が悩んでいます。小陰唇肥大について悩んでいる人は、美容整形などの病院に行って治療してもらうとよいでしょう。

View Detail